CANalyzer.CANopen

CANopen用デバイスおよびネットワーク解析ツール

CANalyzerの強力な機能とCANopenの機能拡張を組み合わせて使用することにより、CANopenシステムの開発とその構築およびサポートの両方で使用できるツールを手に入れることができます。CANalyzer.CANopenにより、開発者は、解析、デバイス設定のためのCANopen固有の機能を利用できます。これらは、CANopenネットワークに携わる業務において、必要不可欠な機能です。

応用分野

CANalyzer.CANopenの主な用途はCANopenシステムの開発です。この環境では、このツールを使用して、1つ以上のCANバスでCANopen固有のメッセージトラフィックを解析およびシミュレーションできます。

機能

CANalyzer.CANopenは、CANalyzerの機能を以下のように拡張します。

  • トレースWindowにプロトコル固有情報の表示
  • プロトコルのモニター
  • デバイスのグラフィカルな表示
  • ネットワークマネージメント、Guarding、Heartbeat
  • LSS (Layer Setting Services) によるボーレートとノードIDの設定
  • CiAデバイスプロファイル標準ファイル形式 EDS/DCFの使用
  • CANopenデバイスのコンフィギュレーション

CANalyzer.CANopenに付属のCANopenコンフィギュレーターツールをProCANopenとしました。またEDSファイルエディターのCANedsも同梱しています。

通信モニター

トレースWindowでは、CANメッセージのトラフィックを表示しながら、同時にプロトコル情報の分析を行います。現在実行中のサービスを表示できるだけでなく、該当するサービスパラメーターを確認することもできます。この情報は、テキスト情報として表示されます。CANopenサービスに関わるメッセージは、フォントと背景色が変更され、より簡単に解析できます。また、トレースWindowでは、CANopenサービスの個々のプロトコルシーケンスを時系列にすばやく参照したり、リアルネットワークでのエラーの場所を非常に簡単に特定できます。

プロトコルのモニター

CANalyzer.CANopenでは、各プロトコルのシーケンスが正しいかどうかのモニターも行います。その中で、プロトコルシーケンスに含まれるプロトコル情報がCANメッセージに正しく入力されているかどうかもモニターします。

解析

トレースWindowだけでなく、CANalyzer標準バージョンでおなじみのデータWindowや統計Windowも、CANopenのデータトラフィック解析用に拡張されています。CANopen ScannerでCANメッセージを評価し、アクティブなCANopenノードをリストに表示します。その他、ノードの状態やデバイス名などのノード固有の情報も表示されます。

このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント