CANおよびCANopenによる組み込みネットワーク - 概要 -

「CANおよびCANopenによる組み込みネットワーク」は株式会社シュタールジャパンからCANおよびCANopenに関する初めての日本語技術解説書として刊行されました。本書はCANおよびCANopenテクノロジーの一流のコンサルタントが執筆した "Embedded Networking with CAN and CANopen" の日本語版です。ベクターは本書をCANおよびCANopen開発に携わるエンジニア必携の書として推薦します。

本書ではCANおよびCANopenによる組み込みネットワークに関する技術的な詳細が、CANopenのネットワーク開発用ツールや組み込みソースコードなどの実践的な活用例も交えて非常にわかりやすく解説されています。初心者・経験者を問わず全てのCANおよびCANopenシステムおよびデバイス開発に携わるエンジニア、もちろんユーザーにも最適な技術解説書で、CANおよびCANopenの評価を行なうための基本資料としても利用できます。

本書は特にCANopenシステム設計やシステムインテグレーションのための優れた情報源であり、既成のツールやコンポーネントを使用してのCANopenネットワークのレイアウトやコンフィギュレーションに必要な情報を網羅しています。

なお本書は、ロボット工学の分野で世界的に有名な博士(工学) 福島E.文彦氏(東京工業大学助手)が監修しています。また、ベクターも技術的な観点から内容のチェックに協力いたしました。

「CANおよびCANopenによる組み込みネットワーク」は下記のオンラインフォームからご注文いただくことができます。



▼技術解説書「CANおよびCANopenによる組み込みネットワーク」の概要

原題 : Embedded Networking with CAN and CANopen
著者 : Olaf Pfeiffer, Andrew Ayre, Christian Keydel
監修 : 博士(工学)福島 E.文彦(東京工業大学助手)
発行 : 株式会社シュタールジャパン
サイズ : B5変形 572頁
発売日 : 2006年4月1日
定価 : 15, 000円(税別)


▼主な解説内容
  • 組み込みネットワークと通信制御の要件
  • CANテクノロジーの基礎
  • CANコントローラの選択
  • 具体的な実装方法の紹介と比較
  • 一般的なデバイスプロファイルのアプリケーション固有の例